存続期間の違い

木造の家借地権の旧法と新法で大きく異なるのが存続期間の違いがあります。旧法の存続期間は木造の場合は最低で20年になっていて、マンションなどの場合は最低で30年となっています。これが新法では建物の構造に関係なく最低30年と決められて、地主からの更新拒絶の要件を明確にしている特徴もあります。

存続期間の変更だけでなく、新法で新しく定められたのが「定期借地権」です。この定期借地権には「一般定期借地権」「建物譲渡特約付借地権」「事業用借地権」の3種類があり、それぞれ意味合いが異なってきます。この3つに区分けされたことで、しっかりと契約することができて、旧法のときに多かった様々な借地権に関するトラブルを回避させることができるようになりました。

一般定期借地権は、存続期間を50年以上に設定するかわりに、契約期間が終了したら、借地権が確実に消滅する契約になります。建物譲渡特約付借地権は存続期間を30年以上に設定して、契約が終了したら地主が建物を買取ることを条件に借地権が消滅します。事業用借地権は事業用の用途だけに利用できるもので、契約が終了したら、建物を取り壊して更地にしてから土地を返還する決まりになっています。

旧法と新法の違い

借地権の法律が大きく変わったのが平成4年の8月です。ここを境に旧法と新法と言われていて、内容も変わりました。借地権の旧法の特徴として半永久的に土地を貸したら返ってこない内容の制度になっていました。この問題を緩和したのが新法です。一番の変更点は新法で更新の適用を受けない借地権の制度ができました。この制度ができたことで、土地を貸している人が土地利用の多様化に対応することができるようになりました。

握手建物が朽廃することによって借地権が消滅する制度の廃止も大きなポイントの1つになります。様々なポイントが変わったことで、貸す側の負担を減らすことができますし、借りた側にもメリットがあるのが新法の特徴になります。新法が制定されたのが平成4年の8月からですが。それ以前に契約されたものは旧法が適用されます。しかし双方の合意があれば、旧法で契約したものを新法の内容に変更することが可能になっています。

土地を貸す側も借りる側も借地権は旧法よりも新法のほうがメリットがあるということを理解しておきましょう。そうすることでお互いのトラブルを防ぐことができますし、気持ちよく土地の貸し借りをすることができるようになります。

関連リンク
借地権とは-「借地権 無料相談ドットコム」がご説明いたします

借地権が改正される

家土地を貸す地主に有利と言われてきた借地権は旧法と新法があります。新法になったことで借りる側に負担にならないように配慮される内容となっているところが、借地権の旧法と新法の大きな違いとなっています。

借地権には旧法と新法があります。旧法の内容が大幅に改定されて、借地法や借家法、建物保護法が廃止された経緯があります。新法が適用されるのが平成4年の8月1日以降に契約をした借地権に適用されます。旧法の借地権の特徴として、堅固建物と非堅固建物の2種類に区分していました。それぞれの区分の建物などで借地権の存続期間が最長で堅固建物で60年、非堅固建物を30年としました。存続期間を更新した場合はそれぞれ30年と20年の期間に延長することができます。

平成8年に改定された新法は普通借地権と定期借地権があります。これらの特徴として新しく改定された普通借地権には堅固建物と非堅固建物の区別が無い特徴があります。そして借地権の存続期間は一律で30年に変更されました。新法による契約の更新は1回目が20年、2回目以降が10年の継続期間となります。それぞれ地主と借りた側で20年と10年より長い期間を定めることは構わないとされています。

当サイトでは借地権の旧法と新法について解説していきます。これから土地を扱うときに重要な法律となってくるので、土地を扱う場合は、地主とトラブルにならないようにどこが違うかを理解しておきましょう。