借地権が改正される

Pocket

家土地を貸す地主に有利と言われてきた借地権は旧法と新法があります。新法になったことで借りる側に負担にならないように配慮される内容となっているところが、借地権の旧法と新法の大きな違いとなっています。

借地権には旧法と新法があります。旧法の内容が大幅に改定されて、借地法や借家法、建物保護法が廃止された経緯があります。新法が適用されるのが平成4年の8月1日以降に契約をした借地権に適用されます。旧法の借地権の特徴として、堅固建物と非堅固建物の2種類に区分していました。それぞれの区分の建物などで借地権の存続期間が最長で堅固建物で60年、非堅固建物を30年としました。存続期間を更新した場合はそれぞれ30年と20年の期間に延長することができます。

平成8年に改定された新法は普通借地権と定期借地権があります。これらの特徴として新しく改定された普通借地権には堅固建物と非堅固建物の区別が無い特徴があります。そして借地権の存続期間は一律で30年に変更されました。新法による契約の更新は1回目が20年、2回目以降が10年の継続期間となります。それぞれ地主と借りた側で20年と10年より長い期間を定めることは構わないとされています。

当サイトでは借地権の旧法と新法について解説していきます。これから土地を扱うときに重要な法律となってくるので、土地を扱う場合は、地主とトラブルにならないようにどこが違うかを理解しておきましょう。