旧法と新法の違い

Pocket

借地権の法律が大きく変わったのが平成4年の8月です。ここを境に旧法と新法と言われていて、内容も変わりました。借地権の旧法の特徴として半永久的に土地を貸したら返ってこない内容の制度になっていました。この問題を緩和したのが新法です。一番の変更点は新法で更新の適用を受けない借地権の制度ができました。この制度ができたことで、土地を貸している人が土地利用の多様化に対応することができるようになりました。

握手建物が朽廃することによって借地権が消滅する制度の廃止も大きなポイントの1つになります。様々なポイントが変わったことで、貸す側の負担を減らすことができますし、借りた側にもメリットがあるのが新法の特徴になります。新法が制定されたのが平成4年の8月からですが。それ以前に契約されたものは旧法が適用されます。しかし双方の合意があれば、旧法で契約したものを新法の内容に変更することが可能になっています。

土地を貸す側も借りる側も借地権は旧法よりも新法のほうがメリットがあるということを理解しておきましょう。そうすることでお互いのトラブルを防ぐことができますし、気持ちよく土地の貸し借りをすることができるようになります。

関連リンク
借地権とは-「借地権 無料相談ドットコム」がご説明いたします